睡眠薬は副作用で悪夢を見る?原因と解決方法

睡眠薬 副作用 悪夢 原因 解決方法

不眠に悩んでいる方の多くは、睡眠薬を用いてでも眠りたいと考えているでしょう。

 

しかしそれが“悪夢”を伴う場合だと、話は少し変わりませんか?

 

 

このページでは睡眠薬を服用すると、副作用として悪夢を見てしまうことがあるのかについてご紹介しますね。

 

 

睡眠薬は副作用で悪夢を見る?

ダウンロード

結論から言うと、睡眠薬による副作用で悪夢を見てしまうケースは、多々報告されています。

 

例えば某質問サイトでも、以下のような悩みは数多く載せられています。

 

 

悪夢で困っています。

睡眠薬を飲んでも旧日本軍に襲われる悪夢を見るので困っています。
かかりつけ医に言っても、あまり良い返事や薬を変えたりしてくれません。

ロヒプノールを服用すると寝つきもよくぐっすり眠れるのですが、明け方くらいによく怖い夢を見たり、金縛りにあいます。
あと妄想?というのでしょうか…例えば隣人のドアの開け閉めの音がすると、「私の部屋に泥棒だ!寝たふりしなくちゃ!」など本気で思ってしまいます。
覚醒してしまえば何のことはない、ただの夢や単なる物音なのですが、その時は不安で仕方ないです。

先生は睡眠不足から憂鬱になることはあるから、まずは睡眠を改善するという方向でマイスリーを処方してくれました。
しかし最近薬を飲まないで眠る(飲んでいても時々)とひどく怖い夢を見て夜中に目が覚めます。うなされたり自分の悲鳴で飛び起きることもあります。小さい頃から夢はよく見る方でしたが、ここ何日もそれが続き電気を消すのも怖いし、眠ることそのものが本当に怖くてたまりません。

うつ病からの不眠で、今ハルシオン0.25mg、ソラナックス0.4mg、デパス0.5mgを飲んでいます。ずっと夢を見なかったのですが、最近夢を見るようになって、しかも悪夢なんです。なぜ急に夢を見るようになったのでしょうか?この11ヶ月薬で寝ていれば夢を見ず朝を迎えていたのに…悪夢なので朝から気分が落ちて1日だるいです。

 

上記は一例ですが、睡眠薬による悪夢で悩まれている方は大変多いです。

 

また最後の相談を見ていただくとわかるように、これまで夢をあまり見てこなかった方でも、睡眠薬がきっかけで悪夢を見始めることもあります。

 

睡眠薬を使用している以上、誰でも悪夢を見る可能性はあるということですね。

 

 

睡眠薬で悪夢を見てしまう原因とは?

20111003232458

それでは、睡眠薬で夢を見てしまう原因はなんでしょう?

 

答えを言ってしまうと、睡眠薬の多くは深い眠りにつくことができないため、夢を見る傾向があるのです。

 

 

ではなぜ夢は夢でも“悪夢”を見てしまうのでしょう?

それは、夢というものが私たちの記憶の整理を行っているからです。

 

 

不眠で悩まれている方の多くは日常でもストレスや不安を感じていることが多く、その記憶を夢で整理しているからこそ、私たちは悪夢を見てしまのです。

 

 

悪夢を見ないためにするには…

睡眠 副作用はある?

先ほど、悪夢を見てしまう原因は浅い眠りと不安やストレスだと言いました。

 

ですから逆にぐっすりと休息を取ることができ、不安やストレスを軽減することができれば、悪夢のないスッキリとした休息を期待できるのです。

 

 

「そんな夢のような話はないよ」と思われるかもしれませんが、事実存在します。

それが私のおすすめするグッドスリープなのです。

 

 

グッドスリープが悪夢を見ない理由

good

グッドスリープは脳を強制的に眠らせる睡眠薬とは違い、人が自然に眠くなるための成分が配合されています。

 

これにより、夢の見にくい深い休息をサポート出来るのです。

 

 

さらにそれだけではなく、ストレスや不安を軽減する成分まで配合されています。

つまり悪夢を見る原因であるストレスや不安を軽減させることができるのです。

 

 

 

睡眠薬で強制的に脳を休ませ悪夢を見るくらいなら、気が付けば朝といったような、ぐっすりとした休息を目指していただきたい。

だからこそ、私はあなたにグッドスリープをおすすめします。

 
 

販売は終了しましたm(_ _)m

2015年4月28日 睡眠薬は副作用で悪夢を見る?原因と解決方法 はコメントを受け付けていません。 睡眠薬はここが怖い!