睡眠薬でストレス・不安・緊張からくる不眠は改善しない?

睡眠薬 不安 悩み 緊張

 

人が不眠になる原因は色々あります。

 

生活習慣の乱れからくるものや、カフェインなど摂取したものが引き起こすもの、心理的な不安やストレスからくるものなどがあります。

 

 

しかし、この中でもストレス・不安・緊張などからくる不眠に睡眠薬を用いるのは、少し待っていただきたいと思います。

 

 

なぜなら、睡眠薬では根本的な解決にならないばかりか、うつ病などへ発展してしまうことも考えられるからです。

 

 

睡眠薬は、ストレス・不安・緊張を緩和するものではない

434536

 

睡眠薬の多くは不眠の原因はさておいて、とにかく人を眠らせることが目的です。

 

 

ですから、例え睡眠薬を飲んだとしてもストレス・不安・緊張などは緩和されませんし、薬の依存を引き起こす場合があります。

 

 

そして薬の量が増えていくのですが、耐性ができて睡眠薬を服用しても眠りにくくなってきます。

そうなると今度は、眠れないこと自体がストレスとなってしまうのです。

 

 

ストレスや不安、緊張から目をそらし、薬で無理やり眠らせる。

これは体にとっても心にとっても、とても不自然なことなのです。

 

 

そして、うつ病や自律神経失調症にも

 

そして近年では、不安やストレスを放置することで、うつ病にまで発展するケースも目立っています。

 

 

それでもあなたは、ストレス・不安を見て見ぬふりをしますか?

 

 

ストレス・不安を軽減して、休息しましょうよ!

good

私がお勧めするグッドスリープには、不安やストレスを軽減する成分が配合されています。

 

つまり不眠の原因そのものにアプローチをかけようとしているのです。

 

 

もちろん薬とは違い100%食物成分で、毎日飲んでも大丈夫。

うつ病や自律神経失調症になる心配もございません。

 

 

睡眠薬の依存性や副作用を考慮するのであれば、私は迷わずこのグッドスリープをおすすめします。
 
 

販売は終了しましたm(_ _)m

2015年4月28日 睡眠薬でストレス・不安・緊張からくる不眠は改善しない? はコメントを受け付けていません。 睡眠薬はここが怖い!