薬局で売っている、市販の睡眠薬には効果がない?

薬局 睡眠薬 効果 市販

あなたが不眠で悩んでいて、睡眠薬を手に入れたい時。

 

真っ先に考えることは、薬局などで売っている市販の睡眠薬だと思われます。

 

 

しかし、私は経験者としてあなたにお伝えしなければならないことがあります。

 

市販の睡眠薬では、あなたの深刻な不眠の悩みを解決できないかもしれないばかりか、深刻な副作用を引き起こす可能性があるのです。

 

 

市販の睡眠薬は、睡眠補助剤や睡眠改善薬である

2715014i

まずはじめに申し上げておきたいのは、私たちがお医者様からいただく「睡眠薬」と、薬局などで売っている「市販の睡眠薬」は異なるということです(市販の睡眠薬についてはこちらの記事が詳しいです)。

 

 

というのも、お医者様からいただく睡眠薬は強い副作用を引き起こすことがあるため、誰でも手に入る状態にあってはいけません。

 

 

ですから、市販のものは睡眠薬とは呼ばず、睡眠補助剤・睡眠改善薬と呼んだりします。

 

 

市販の睡眠薬は効果がない?

Exif_JPEG_PICTURE

そして、これら睡眠補助剤・睡眠改善薬は効果が弱いと言われています。

 

 

というのも、市販の睡眠補助剤の多くは、花粉症や風邪を緩和するために用いる「抗ヒスタミン剤」の副作用である“眠気”を利用したものです。

 

 

ですから、薬を飲んで眠くならないような方には、全く効果がないこともあるようです。

 

 

また仮にこれら睡眠補助剤で眠くなったとしても、深い眠りにつくことは難しいと言われています。

多くの場合、2、3時間で目が覚めてしまい、結局その後寝られなくなることが多いようです。

 

 

市販の睡眠薬の副作用とは?

illust3024

お医者様からいただく薬が、依存性などの深刻な副作用を引き起こす可能性があることは、「睡眠薬は依存性がある?」のページでご紹介しましたね。

 

 

そして今回ご紹介している市販の睡眠薬もまた、深刻な副作用を起こす可能性もあるのです。

 

 

一般的な市販の睡眠補助剤の副作用として報告されているのは、

 

  • 眠気を持ち越してしまい、翌日の午後まで眠くなる
  • 生理不順
  • 妊娠中の女性は、赤ちゃんに影響が出る場合がある
  • 体のふらつき
  • 呂律が回らなくなる
  • 耐性が付いて、睡眠薬が効かなくなる
  • 頭が重く感じる

 

などです。

 

 

例え気軽に薬局で手に入ったとしても、効果がないばかりか副作用が起こるだなんて、なんとしても避けたいですよね。

 

 

だからこそ私は、毎日飲んでも安全で100%食物成分のグッドスリープをあなたに勧めたいのです。

 

 

グッドスリープで安心できる休息を

good

グッドスリープにはストレスや不安を緩和させる成分や、睡眠のリズムを整え深い睡眠に導く成分などが配合されています。

 

これらは100%食物成分なので、睡眠薬のように頭が重くなったり、体がフラフラするような副作用は無いのです。

 

 

そればかりか、「朝までノンストップで寝ることができた」等の感想もたくさん頂いているようです。→口コミ

 

 

あなたが本当に不眠で悩んでいるのであれば、例え安くても市販の睡眠薬(睡眠補助剤・睡眠改善薬)は買うべきではないと思います。

 

それよりも、ちゃんと安心できる成分が含まれているサプリメントを、摂取すべきだと私は思います。

販売は終了しましたm(_ _)m

2015年4月28日 薬局で売っている、市販の睡眠薬には効果がない? はコメントを受け付けていません。 睡眠薬はここが怖い!